naadnmiiwna のすべての投稿

10月29日 イベント出演のお知らせ

2017/10/29
公民館まつり

【日時】
2017年10月29日(日) 12:20~12:40

14102603
(過去の様子)

毎年恒例の中央公民館まつりに今年も出演いたします。
パワフルでエネルギッシュで楽しいステージをお送りします。
是非皆さんお気軽にお越しくださいね( ´ ▽ ` )

【場所】
豊中市中央公民館(阪急曽根駅徒歩5分)
4階 多目的室(エレベーターあります)

大阪府豊中市曽根東町3-7-3

【料金】
無料

【出演】
なにわブラック・ペッパーズ

全体練習でした

今日は全体練習でした。
つい先日まで寒い日が続いてましたが、秋晴れのもと、半袖で汗をかきながら練習にのぞみました。
クリスマスコンサートまであと2ヶ月ですが、秋のイベントも色々入っています。

これからあちこちで皆さんにお目にかかる機会を楽しみにしております。

お礼のご報告

いつもありがとうございます。
お礼のご報告です。

なにわブラック・ペッパーズ定期公演にて募金箱設置、なにわ物品販売からの収益、その他イベントでの募金箱設置、など本年の前半も支援金募金を実施させていただきました。
皆さまから大変多くの温かいご協力を賜り、誠にありがとうございます。

【支援金のお届け先】
宮城県閖上地区箱塚屋敷仮設住宅自治会(50,000円)
虹の家(ネパール大震災復興支援)(28,346円)
九州キリスト災害支援センター(28,346円)

【支援の報告】
気仙沼唐桑地区復興支援共同体へ約5年間支援を行ってまいりました。
牡蠣の養殖の施設は8割方復興完了し、現在は地震前の生産量に追いつくことが目標であるぐらいまで復興しました。
よって気仙沼唐桑地区復興支援共同体は解散しました。
今までご支援ありがとうございました。

仮設住宅は、今年の11月に解消予定でしたが来年の5月まで延長する事になりました。

ネパールの小学校に窓ガラスを入れていただきました。

詳しい報告は今年のサマーコンサートでもお話していただきました。
どうぞご覧ください。

災害に遭われた皆さまの一日も早い復興をお祈りいたします。

なにわブラック・ペッパーズ、シスタークワイヤ 一同

Happy Birthday, Charity !

チャリティーさんのやわらかで、そして力強い歌声に、何度も目頭が熱くなりました。
大好きな「I love the Lord」は、前奏からワクワクして、歌い出しを待っていました。
ところがI loveと聴いた途端、「もうあかん…」と思いました。涙が溢れそうになったからです。
ふとチャリティーさんを見ると、その先が歌えずにうつむいていました。
そのままピアノ伴奏だけが流れ、しばらくしてチャリティーさんの優しい歌声が始まりました。
私は、たった一言でチャリティーさんの想いを感じたことになりますが、それはとても感動的で、素晴らしい体験でした。
(かこ)

神々しい歌声に鳥肌が立ちました✨
こんな間近で一緒に歌える機会なんて、本当にないことなので、しかも娘とも一緒に歌えて幸せ~🍀
後半、席で歌を聴いている時、娘の隣にチャリティーさんの娘さんが座っていました。娘は、黒人さんを間近で見るのも初めて💡とっても気になる様子🎵
そしたら、そ~っと髪の毛を触り…そ~っと腕を撫でて「なんで、色が違うの?」と顔を覗きこみ本人に尋ねました❗
彼女が私に「なんて言ってますか?」と片言の日本語で聞いてきたので、私も片言の英語で伝え…「地球には、沢山の人がいて、住んでる国も違うから色んな髪の色や肌の色の人がいてるよ🎵みんな、それぞれ違うんやで」と説明しました。横でチャリティーさんの娘さんが、「かわいいですね❤」と微笑んでました。急に身体に触れて気を悪くしてないかなぁ…😅と心配したけど、こんなふうに何の迷いもなくストレートに聞けるところが、4才の特権🎵
そして、小さな頃から色んな人がいることを自然に繋がり合って知っていることが、彼女の世界観をきっと変えると思う💓そういう意味でも貴重な体験をした日でした✨
コナミ@メゾ

チャリティさんは歌っていると言うより、神様と話しているようだった。私もそのように霊から歌えるようになりたい。
by GG

私のつたない、メチャクチャ英語を理解しようと、目を見てしっかり聞いて下さった。そこに彼女の愛を感じた。
by EH

廊下ですれ違う時、ドキドキしながら小さな声でハローと言ってみたら、長年の友達であるかのように、大きな明るい声でハローと返して下さった。
スっごく嬉しかった。
by JC

ジャベツ(息子さん)が、なにわmen’s の白服を、帰国するまでにゲットしたい と言っていた。
by GI

彼女の立ち姿の美しさに圧倒されていたのですが今になってそんなに背の高い人ではなかったなぁと気が付きました。とっても大きい人だと思い込みがあり彼女のオーラに目眩ましを受けていたのかもしれないです。バックに来るパワーは半端ないものでした。
うとちゃん@アルト

「ジーザス、と魂をこめて歌われたとき、感謝で涙が込み上げました。」
by ヒラリン

「Sing! Sing!」と言われたのが印象に残っています。
もっと歌って! もっと神様に向かって歌いなさい! と、言われたような気がしました。
by ikeda

キュートな人で、話すときはしっかり顔を見て理解しようとする真摯な態度が嬉しかった。やっぱり歌の見せ方を、知ってる!「VOXX」で、聞いたときに、久々に感動した。(メンバーと、二人でウルウルしました)感動をありがとう!です
渡しももっと感情を表現せねば!と思った(お子さま二人とも表情豊かで可愛かったのよ❤)
BY みなちゃん

迫力があり、声量があり、なによりもハートがある声に驚いた
BYたーちゃん

購入したCDの歌詞のところにサインをお願いしたら笑顔で気軽に応じてくれた、「To~?」って問いかけられて一瞬何のことかわからなかったけど、あ!名前と思って「み・ゆ・き~」って、調子に乗って外国人みたいに答えてちょっと会話できたのが嬉しかった。お子さん二人も朗らかで、お母さん似のキュートな笑顔。きっと家の中も歌と笑顔に満ち溢れてるんだろうな~って思った。本物の歌唱力には口が開きっぱなしでした。
BYみゆきちゃん

とてもピュアで可愛らしい方だと思いました。
BYこんちゃん

チャリティという名前に相応しい慈愛に溢れた方だと思った。表情から暖かさが感じられた。画面で見ていたより、とても小柄で何故こんなに小さい体から、あんな感動を与えられるような声が出せるのか不思議。私は英語がわからず、言葉が通じないのに、顔を見ていると「歌で伝えたい」というチャリティさんの気持ちを感じた。伝えたいという強い気持ちは人に伝わるんだなぁと感動した。感謝の心からあらわして歌っている姿はステキ。歌ってこうやって歌うと人に感動を与えられるんだなぁと思った。ほんの少しでもちかづきたいなぁ。
笑顔がチャーミングすぎた。順風満帆に生きてきた笑顔というよりは、慈愛に満ちた色んなことを越えて人の痛みのわかる方の心からの笑顔だと思った。
BYなおちゃん

ご来場ありがとうございました

本日は奈良文化会館にて『ゴスペルの祭典 in 奈良』に、シスタークワイヤと共に出演しました。
たくさんの皆様にご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

たくさんの皆様と共に賛美できたことに感謝いたします。

今回のイベントを開催していたいてありがとうございました。

2017/12/16
Gospel Christmas Concert 2017

2017/12/16 Gospel Christmas Concert 2017
第46回なにわブラック・ペッパーズ定期公演

【日時】
2017年12月16日(土)開場18:00 開演18:30

【場所】
ドーンセンター(大阪市中央区大手前1丁目3番49号)7階ホール

大阪市中央区大手前1丁目3番49号

(親子室での観覧が可能です)
車椅子席あり(要予約)
最寄り駅・京阪「天満橋」、地下鉄谷町線「天満橋」

【料金】
前売り¥2,000 当日¥2,500
中学生以下¥1,000(前売り・当日とも)
幼児無料
※障がい者及び介護者の方はお一人様¥500でご優待いたします。
車椅子でお越しのお客様は、数に限りがございますので事前にお問合せください。

【出演】
なにわブラック・ペッパーズ NBP Men’s Choir
ゴスペル☆IKOMA、ハッピー・デイ、Joyful Choir
Make Us One、JOYBELL-KADOMA、Glory Glory
河津 祐太郎(Key) 左 賢志(G) 山本 憲之(B) 臼井 和明(Dr)

【申込方法】
メンバーに直接、
もしくはcontact☆naniwablackpeppers.com(☆を@に変えて送信お願いします。)まで。

アメイジング・ジャーニー
神の小屋より

ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー・リスト70週連続1位の本 ついに映画化!


The shack (原題)
アメイジング・ジャーニー 神の小屋より(邦題)

2005年に劇として大ヒットして映画化された Diary of mad black woman が全米1位を記録したにもかかわらず、日本では上映されなかった(今となっては)昔 に比べて、今日日本でもこれらの映画が見れるようになった事を感謝します。
多くの方々の祈りがあったからだと思います。
私は劇で見て圧倒され、Kちゃんは飛行機の中で見て一人大泣きしたと聞いています。
なにわ は、挿入歌 Father can you hear me をレパートリーにしています。大好きな曲の1つです。

2007年にシカゴでJasonが、これからどんどんゴスペル映画が作られていくと言っていましたが、本当にそうなりました。

昨年公開された「復活」「天国からの奇跡」「祈りの力」に続き、今公開中の「アメイジング・ジャーニー 神の小屋より」は 今、まさに今 シスター・クワイアで練習始めた More Abundantly(曲)を描いた作品です。
こう歌ってますよね
Not come to condemn(din) the world, or sham you for yor wrongs, I have come to heal the brokenheated and give your heart a song.
I come to give you life, I come to give you joy I come to give you
life more abundantly

また私たちが歌っている「Praise God 」等のGod、「King Jesuse is a listening when you pray」等のJesus、「Where the sprit of the Lord is」等の the sprit of the Lord が同じくして異なった性質でお働きになる事が、難しくではなく、面白く(楽しく)分かります。
な、なんとそのthe sprit of the Lord を すみれさん が ハリウッドデヴューとしてキャスティングされてます。

あと、wisdom(知恵)さんも出てきて、そうだな~と私は反省悔い改めです。

主人公が神様=イエス様=聖霊様 に会った瞬間が、すごく面白かったし、私も今ある重荷が吹っ飛んだ感じで、Joy に満たされました。
神様の家に住む事がどんなに楽しい事か。
クリスチャンでありながら、辛い体験をして神様に疑問を持っていた主人公に、神様が「今は分からなくてもいいよ。ゆっくりわかっていけば良いです」と言ってたのも、観て欲しい理由です。

主人公が神様に質問しまくっていたのも気持ち良い。これは、皆さんの質問だと思います。答えは出されていました。
だから観て欲しい。

主人公が、ペテロがチャレンジして怖じけずいた事をやってみたのは偉い。 (by hashimoto)

もう、一回みたい映画です。今まで疑問に思ってたことが、繋がって、私はこの映画の神様とのお話をするシーンで 昔見た、なにわのステージでmy lifeの説明をしていた先生を思い出しました。

イエス様の来られたこと、存在、神様の事、聖霊の事、自分が聞いてみたかったことも、主人公が聞いてくれてます。
仲間の結婚パーティで、牧師さんが言われた、あることにたいしての「神のみぞ知る」がちょっと理解出来ました。この言葉を受け入れるには、まだまだもっと勉強しなければなりません。

宗教映画だからと、敬遠されてしまうかも知れないけれど、もっと色んな人に見てもらえたら良いのになぁと思います。

by ともみん

主人公マックの疑問に重なるところもあったからか、私も一緒に道のりを歩いているようでした。
マックに寄り添う神様の言葉や行動の拠りどころも、描き方によって勉強中の私にも楽しくわかりやすいものになっていました。これまで日々の暮らしの中や歌詞の中などで、漠然とらえてしまっていたことにも輪郭を与えてくれたように思います。

映画を通して神様がいつも我々に向けて下さるまなざしも感じることができ、観終わる頃には温かく満たされていました。「いろいろあっても頑張ろう」、そんな風に思えました。

by Koi

『アメージング・ジャーニー』を観てきました。聖書の知識を全く持たない状態で、すべてが真っ白なまま鑑賞しました。「ジャッジしないこと」と「みんな神の子」の意味が、私にはストンと落ちてきました。自身の成長に繋げていきたいと思います。わかりやすく描かれていますが、とても深い映画でした。

by ohara

映画を観てわかったこと、理解できたことがたくさんありました。

・父と子と聖霊…三位一体の意味。

・人生の中で起こる様々な事、困難さえも神はよくご存知で、いつも傍にいてくださる。それを感じ信じることで、克服する手助けをしてくださる。

・人知でジャッジすることの浅はかさと愚かさ。神は人間の誰をも裁けないからこそ、自分の子であるイエス・キリストを犠牲にされた。 それほどにこの世を人を愛されているのだということ。

・赦すとは…全てを神に委ねて解き放たれるということ。 そうしてこそJOYとLOVEを感じられ、また伝えることができる。 自分はそう歌っているのだということ。

と、羅列してみました。
悲しい涙、救われたときの喜びの涙、希望の涙…いっぱい泣けるいい映画でした。

by ike

全体練習でした&9月16日はイベント出演

本日は全体練習でした!
まだ残暑ある中ですが、冬のコンサートの曲を中心に練習を行いました。

そして今週土曜日に控えていますイベントの曲もおさらいしました。

ゴスペルの祭典 in なら

【日時】9月16日(土) 12:30開場 13:00開演(18時終了予定)
【場所】奈良県文化会館 国際ホール
    (奈良市登大路町6-2 近鉄奈良駅1番出口より東へ徒歩約5分)
【料金】500円(当日お買い求めいただけます)

なにわブラック・ペッパーズは今回奈良県で活躍しているシスタークワイヤと合同で出演します。
出番は一番最初です。

『なにわブラック・ペッパーズとシスタークワイアin奈良』
ゴスペル☆IKOMA(生駒市)、Glory Glory(奈良市)、RoseChoir(平群町)、そしてなにわブラック・ペッパーズです。

その他全国から集まったゴスペルクワイアのステージと一般公募した総勢200人の『ならフェスクワイア』がゴスペルシンガーと共演して熱くゴスペルを歌います。

是非一緒に賛美しましょう!

Come on!
Because, I Hear The Music In The Air~!!

ティム&グレッグWS in生駒

8月13日になにわの練習場にてWSを開催してくださった世界的名講師のティモシー・ライリーとグレゴリー・ケリー。
再度ワークショップを開催していただく事になりました。
8月13日なにわでのWS逃した方はぜひお越しください。

【日時】9月22日(金) 9:50~11:50(2時間)
【場所】南コミュニティセンターせせらぎ 2階小ホール
    (奈良県生駒市小瀬町18 近鉄生駒線南生駒駅から徒歩約5分)
【料金】奈良県外の方は2,000円

【申込方法】要事前予約 contact☆naniwablackpeppers.com
     (☆を@に変えて送信お願いします。)まで

なにわ、シスタークワイヤ以外の方でも参加はOKです。
お気軽にお問合せ下さいね!!

前回8月13日のWSと同じ発声前のルーティンと歌は1曲にして、彼らの実践を兼ねた演奏をしてもらいます。

※今回のこのWSは『ティムとグレッグのゴスペルNIPPONツアー』のWSではありません。

ティム&グレッグWSでした

ティム&グレッグのWS、盛況のうちに終了しました。
たくさんの方に参加していただきました!

前半は歌うための身体つくりから。
ストレッチにはじまり、筋肉を意識する姿勢、呼吸を深くする練習を行いました。

ほんの少しの休憩のあとにグレッグオリジナルの曲を2曲練習しました。
各パートをよく聴いて~テイムの歌声に合わせてテナー・アルト・ソプラノと各パート練習して最後は全員で合わせてクラップしてシャウトします。

お腹から腹筋を使って声を出す。
基本的な事をじっくりゆっくり練習したとても熱い2時間でした。

ティムとグレッグのゴスペルNIPPONツアー』でお二人は現在全国各地でワークショップを開催されています。
もっと受けたい方は是非お申し込みを!
まだ間に合いますよ!