ご来場ありがとうございました

天理駅前広場コフフンにて 2019年5月25日 第19回山の辺ゴスペルフェスティバルが開催されました。12のグループのワーシップ そして地元教会牧師であるベネディクト カレブ師からの爽やかなゴスペルメッセージがあり 最後は祈りで終わりました。猛暑日ではありましたが 爽やかな風がいつも吹き抜け 時間を感じさせない空間を 私たちも神様の愛する音楽の中でご一緒させて頂きました。

私たちは 勝ち戦に向かう神様の軍隊のように 鬨の声をあげ神様の勝利を宣言し、 祈り信じて待っていれば必ず神様が来てくださるよ、と神様からの励ましのメッセージを 心から祈り歌い  天国までの道のり 様々な苦難の山もあるでしょう 死の川を幾度も渡るような経験もあるかもしれない でもそこを通過するための全ての必要は もうすでに神様によって準備されているのだから安心して!何よりも もうすぐ主にお会いできる 絶対に主に会える変わることのない希望があることを 全身全霊喜び歌いました。

プラス 今回は特別コラボレーションで GMSクワイアの若手ワーシップチームと”This Little Light Of Mine”+ラップVer. 子どもたちが愛してやまない曲 “君は愛されるためうまれた” を 歌い語る若者達の新鮮な賛美の中で私たちも一つになって歌い語らせてもらいました。

今回 私たちも若者のラップへと仲間入り。何を歌っても何を踊ってもOK 決まりがないのだと若者達は言う そんな自由な音楽の世界にいれてもらいました。若者の生活がラップに溢れています。少し練習に参加しただけで 一瞬にして延々と頭の中をラップの(若者言葉で”Little”は”Lit”というんですって→)This Lit Light Of Mine がグルグル。生活にラップがワーシップとして入って新しくされたように感じる とても尊く楽しい時間を過ごさせて頂きました。改めてこの機会を神様 ありがとうございました。
++
このイベントへの様々な役割を担ってくださったスタッフや関係者の方々へ 心から感謝申し上げます。尊いお働きあって 私たちも安心して参加することができました。 神様からのますますの祝福をお祈りさせて頂きます。by果枝


Photo by 天理駅前広場コフフン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です